今日中にお金を工面できる条件を知っていますか?

もくじ

どうしても今日中にお金が必要だ、でも手持ちではお金が足りない、ということはよくあるものです。 しかし急な話でお金を借りる当てもなく、途方に暮れてしまうことも多々あるでしょう。 そんなときに即日融資してくれるカードローンがあれば非常に便利です。 実際に、広告などで最短即日融資という宣伝文句をよく見ます。 しかし本当に即日融資してくれるのでしょうか。 あるいは、即日融資を受けるコツなどはあるのでしょうか。 人によっては即日融資を謳う業者は怪しいと感じるかも知れませんね。 それでは即日融資カードローンで今日中にお金を工面できる条件や方法などを見ていきましょう。

即日融資に最も適したカードローンは消費者金融

カードローンには大きく分けて3種類あります。 銀行系カードローン、信販系カードローン、消費者金融の3つです。 このうち即日融資に対応するカードローンはあるのでしょうか。

3種類のカードローン、それぞれの特性

3種類のうち銀行系カードローンが最も金利は低くなっています。 信販系カードローンというのはクレジットカードなどを扱う信販会社が運営しており、銀行系カードローンよりは金利がやや高くなっています。 消費者金融はテレビCMでお馴染みですが、金利面では3つの中で最も高いでしょう。 そのかわり審査では最も厳しいのは銀行系カードローンです。 審査の厳しさで言えば、銀行系カードローン、信販系カードローン、消費者金融という順になります。 また信販系カードローンと消費者金融は総量規制の対象となっています。 総量規制とは、年収の3分の1以上は借り入れできない制度です。 銀行系カードローンは総量規制の対象外ですが、銀行によっては自主規制を行っており、年収の3分の1以上は借り入れできないカードローンもあります。

銀行系カードローンは即日融資が不可

銀行系カードローンは審査が厳しいとはいえ、金利面では最も有利であり、しかも総量規制対象外のカードローンならぜひ利用したいと思うでしょう。 ところが銀行系カードローンは即日融資が不可能となっています。 どんなカードローンでも審査は必ずありますが銀行系カードローンの場合は金融機関の審査だけではなく、利用者の情報を警察庁のデータベースに照会する必要があるのです。 つまり二度の審査があるうえに、警察庁の審査はある程度の日数がかかるので、銀行系カードローンでは即日融資はできません。 どうしても今日中にお金を工面したい場合は、銀行系カードローンは即日融資に対応していないので別の方法を考えた方がいいでしょう。

即日融資には不向きの信販系カードローン

信販系カードローンはそもそも種類が少ないのですが、特徴としては銀行系カードローンと消費者金融の中間と言えます。 それでは信販系カードローンは即日融資に対応しているのでしょうか。 実は即日融資可能と謳っている信販系カードローンは存在します。 しかし、実際には審査に時間がかかり必ずしも即日融資できるわけではありません。 多くの信販系カードローンでは、審査にある程度の日数がかかるようです。 したがって信販系カードローンは即日融資にはあまり向いていません。 もちろん即日融資が可能な信販系カードローンで、今日中にお金を工面できる場合もあります。 どうしても信販系カードローンで即日融資してもらいたいのなら、できるだけ早い時間に申し込んだ方がいいでしょう。

最短即日融資を謳う消費者金融が多い

消費者金融は金利が高いというデメリットもありますが、審査スピードでは銀行系カードローンや信販系カードローンよりも速くなっています。 審査のハードルも他のカードローンに比べて低くなっているのも特徴でしょう。 そして何よりも最短即日融資を謳っている消費者金融が多いということです。 単に即日融資を宣伝文句にしているだけではなく、審査スピードが速いので、同じ即日融資可能と謳っている信販系カードローンよりも即日融資してくれる可能性が高くなります。 つまり多くの消費者金融は即日融資カードローンと言えるでしょう。 今日中にどうしてもお金が必要という方は、消費者金融の利用をお勧めします。 とはいえ気を付けていただきたいのは、いくら即日融資を宣伝文句にしていてもそれは最短スピードのことで即日融資を保証してくれてはいないという点です。 場合によっては審査スピードを売り物にしている消費者金融業者でも、即日融資を必ず受けられるというわけではないことを覚えておいてください。

なぜ即日融資を受けられないの?その原因を究明する

前項でも説明した通り審査スピードに定評がある金融業者でも、即日融資を受けられない場合があります。 それはなぜでしょうか。 今日中にお金を工面するためにも、即日融資カードローンで即日融資を受けられなかった原因を探っていきましょう。

審査時間対象外の時間に申し込んだ

大手消費者金融ではインターネットにより24時間365日での申し込みが可能です。 しかし審査時間まで24時間365日に対応しているわけではありません。 即日融資を受けることができなかった原因として、審査時間対象外の時間に申し込んだ可能性があります。 既に審査時間は終わっているのですから、審査が行われるのは翌日以降となります。 なお審査そのものは、時間に制約があるとはいえ土日祝日でも行っている大手消費者金融がほとんどでしょう。 また、審査時間以内に申し込んでも、たとえば夜遅かった場合は即日融資を受けることができない場合もあります

口座振込希望の場合は、14時頃までの振込依頼が必要

大手消費者金融では自動契約機を設置していますが、インターネットで申し込みを完結して即日融資を受けたいという人もいるでしょう。 その場合は借りたお金は銀行口座に振り込みという形になります。 しかし、銀行は平日の15時までしか営業していません。 しかも審査に合格しても消費者金融と銀行との間に手続きが必要ですから、15時ぎりぎりに振込依頼を完了しても即日融資を受けることはできないのです。 即日融資を受けるためには業者によって違いますが14時から14時半頃までには振込依頼を終わらせておかなければなりません。 もちろんこれは申込時間ではなく振込依頼時間なので、14時頃にインターネットで申し込んでも、即日融資を受けることができない可能性が高くなります。 インターネットからはできれば平日の午前中に申し込みたいところでしょう

審査に時間がかかってしまう

消費者金融の広告を見ると、よく審査時間は最短30分と書かれています。 しかし、これも最短時間が30分というだけで必ず30分で審査結果が出るというわけではありません。 1時間以上かかる場合もあれば、翌日以降に審査が持ち越されることだってあります。 前項の例で言えば、午前中にインターネットで申し込んでも、審査に時間がかかって合格した頃には銀行の営業時間が過ぎていることだって珍しくありません。 審査に時間がかかってしまうのには、以下のような原因が考えられます。

★審査が混んでいる ★在籍確認ができない ★希望限度額が高すぎる ★信用情報に傷が付いている ★申込時に間違った情報を書いてしまう

審査が遅くなる原因は何も利用者だけにあるわけではありません。 金融業者側にだって事情があります。申し込みが殺到して審査が混みあっている状況では、どうしても審査時間は長引いてしまいます。 カードローンには、必ず在籍確認があります。 申込者が本当にその職場に勤めているのか、電話を掛けて確認するわけですね。 しかし、その職場が休業していれば、金融業者は在籍確認ができません。 つまり審査もできないわけで融資は翌日以降になります。 希望限度額が高すぎる場合も審査時間が長くなってしまう原因となるでしょう。 金融業者だって慈善事業でやっているわけではなく、あくまでも商売でお金を貸しています。 お金を貸して利息を貰い利益を上げたいところですが、借金を回収できなければ大損となってしまいます。 したがって、希望限度額が高すぎると、審査も慎重にならざるを得ません。 同じ理由で信用情報に傷が付いている場合でも審査時間が長くなります。 たとえば返済の延滞を繰り返している人は、金融関係の信用情報に傷が付いている可能性が高くなります。 ましてや信用情報機関に登録されている、いわゆるブラックリストに載っている人は審査時間が長くなるどころか審査に落ちる可能性が高いでしょう。 申込時に間違った情報を書いてしまうと、確認作業に時間がかかるので、その分審査時間も長引きます。 もちろん、嘘の情報を書くと審査には通りません。

即日融資カードローンに申し組む準備

物事には準備が必要です。 何の準備もせずに即日融資カードローンを謳っている金融業者に申し込んでも、その日にお金を貸してくれる確率は低くなります。 即日融資の可能性を高めるためにも、きちんとした準備を行いましょう。

準備の第一歩は情報収集

闇雲に即日融資可能の金融業者に申し込んでも、今日中にお金を貸してくれるとは限りません。 ましてや、複数の金融業者に立て続けに申し込んだりすると、申込ブラックと言って審査に通らなくなる可能性が高くなります。 短期間に複数の業者に申し込むと、よほどお金に困って返済能力がないのではないかと疑われてしまうのです。 また、審査なしで即日融資OKという宣伝文句に飛び付いたものの、そこは闇金業者だったなんてことになりかねません。 今ではインターネットという便利なツールがあります。 慌てずにインターネットで即日融資を謳う金融業者を探して、それぞれを比較してください。 その際に、比較すべきポイントを見てみましょう。

★金利 ★限度額 ★最短審査スピード ★最短融資スピード ★審査可能時間および自動契約機営業時間 ★夜間および土日祝日の対応 ★自動契約機の有無 ★提携している銀行

金利は即日融資とはあまり関係ありません。 ただ、同じ即日融資が可能ならば、金利が低い業者の方がいいわけです。 限度額は自分が必要なお金に対応している業者を選びましょう。 前述したように希望限度額が低い方が、審査スピードは速くなります。 最短審査時間は、公式サイトに書いている金融業者が多いですね。 特に、審査スピードに自信がある業者には、必ず審査時間が書いているでしょう。 その際でも前述したようにたとえば審査時間最短30分と書かれていても、必ず30分で審査が終わるとは限りません。 しかし一応の目安にはなります。 融資スピードは、借り入れまでの最短時間ですから、最短審査時間よりも重要な項目となります。 ところが、公式サイトに書いていない業者もありますし、審査時間以上に当てにならないとも言えるでしょう。 そのため信用できる口コミサイトなどで情報収集する必要があります。 審査していない時間に申し込んでも即日融資は不可能ですので、審査可能時間を調べておくことは不可欠です。 もちろん自動契約機の営業時間もチェックしておきましょう。 お金が必要なのが夜間や土日祝日の場合、その時間や日にちに業者が対応していなければ、即日融資を受けることはできません。 自動契約機はほとんどの大手消費者金融では存在しますが、中小業者では備えていない所が多いでしょう。 自動契約機があると口座振込の必要はなく、すぐに現金を受け取ることができます。 口座振込を希望の場合は提携している銀行も調べましょう。 最近では銀行と提携している消費者金融が増えてきました。 たとえば提携している銀行の口座を持っていると、口座開設の必要もなく、融資スピードが速くなります。 また、業者によっては提携銀行への口座振込だと、土日祝日にも対応している場合もあります。

公式サイトで簡易審査を受ける

ほとんどの大手消費者金融の公式サイトでは、簡易審査が可能になっています。 必要な情報を記入すると、数秒で審査の合否を判断してくれるのです。 合格になったからと言って本番の審査に必ず合格するわけではありませんが、合否の目安にはなります。 仮に不合格と判定された場合は、本審査に通ることはまずないので、申し込む無駄が省けます。 不合格になることはわかっているのに、申し込むのは時間の無駄ですし、前述したように申込件数が多くなると申込ブラックになって他の業者も不合格になりかねません。 簡易審査に合格した業者にだけ申し込むようにしましょう

必要書類を準備しておく

カードローンに申し込む際には本人確認書類が必要となります。 以下のような書類のうち1点を準備してください。

★運転免許証 ★パスポート ★マイナンバーカード

本人確認書類は業者によって違いますが、顔写真入りが理想です。 顔写真入りの本人確認書類がない場合は、たとえば健康保険証と住民票を用意するという具合に2点が必要な業者もあります。 また希望限度額が50万円を超える場合と、他の貸金業者の借入額と合わせて100万円を超える場合は、収入証明書が必要になります。 収入証明書として認められるのは、以下のような書類です。

★給与明細書 ★源泉徴収票 ★税額通知書 ★所得証明書 ★確定申告書

上記のうちの1点をご用意ください。なお、給与明細書は直近2ヵ月の物となります。 また、1年間の賞与明細書があれば審査には有利になり、つまり審査スピードが速くなります。 本人確認書類や収入証明書などの必要書類は、事前に準備しておくとそれだけ申込時間が短くなるので、即日融資の可能性が高くなるでしょう。

今日中にお金を工面するために、しておくべきこと

即日融資カードローンでも、確実に即日融資してもらえる方法はありません。 しかし、即日融資の可能性を高める方法ならあります。 それでは今日中にお金を工面するために、しておくべき事柄を見てみましょう。

できれば自動契約機を利用する

どうしても即日融資が必要な場合は、インターネットによるWEB完結ではなく自動契約機を利用した方がいいでしょう。 WEB完結の場合は前述したように口座振込となるので、平日の14時頃には振込依頼を完了していなければなりません。 また、土日祝日は口座振込に対応していない業者がほとんどです。 しかし自動契約機だと、業者によって違いますが9時から21時ぐらいまでが営業時間となっています。 しかも土日祝日にも対応しており、営業時間かつ審査可能時間内に自動契約機へ行って申し込めば、即日融資の可能性が高まるでしょう。 ただし、土日祝日は営業時間が平日とは異なっている場合があるのでご注意ください。 また、いくら営業時間内でも夜遅くに申し込むと、即日融資ができなくなる可能性が高くなります。 できるだけ早い時間に自動契約機へ行って申し込んでください。 消費者金融の自動契約機へ行くことに抵抗がある人は、業者によっては提携銀行のローン契約機での申し込みも可能です。 どうしても口座振込してもらいたい場合は、平日の午前中にインターネットで申し込んでください。 午後の申し込みでも即日融資は可能ですが、審査が長引くとその日のうちに借り入れできなくなります。 また業者によっては、提携銀行の口座なら土日祝日や夜遅くでも口座振込に対応している所もあります。 業者の公式サイトで調べてください。

混んでいる曜日や時間帯は避ける

申し込みが混み合っている場合、審査に時間がかかることは既に書きました。 それでは、どんな曜日や時間帯が混み合っているのでしょうか。

★土日祝日 ★平日の夕方以降 ★月曜日の午前中

業者によって違いますが、だいたいは上記の曜日や時間帯が混み合うようです。 土日祝日が混み合うのはわかりますね。 よほど融資を急いでいない限り、仕事中や会社を休んでまで申し込む人は少ないということです。 逆に言えば休日となる土日祝日は混み合うのもわかるでしょう。 同じ理由で平日の夕方以降も混み合います。 会社の帰りに自動契約機などに立ち寄るわけです。 月曜日の午前中も混み合うことが多いようです。 週初めということで、急にお金が必要になることもあるのでしょう。 公式サイトでは混み合う曜日や時間帯を掲載している業者もあるので、チェックしてください。

自分の職場が休業している日には申し込まない

カードローンでは在籍確認が必ずあると書きましたが、申し込んだ日が自分の職場の休業日だったら在籍確認ができません。 在籍確認ができないということは審査もできないので、即日融資は不可能になります。 どうしても今日中に融資を受けたい場合は、有給休暇を取って即日融資カードローンに申し込むか、職場を抜け出すあるいは職場からパソコンやスマートフォンなどで申し込みましょう。 なお、在籍確認の電話では本人が職場にいる必要はなく、本人がその職場に在籍していることさえわかればいいのです。 有給休暇や、仕事中での私用は無理という方は、休日出勤して申し込んでみてはいかがでしょうか。 他に出勤している人がいなければ気兼ねなく申し込みできますし、在籍確認では本人が電話に出ても構わないのです。 あるいは自分以外の誰かが休日出勤をしていることがわかっていれば、本人は休日を利用して申し込んでもいいでしょう。 休日出勤が禁じられている、あるいは休日出勤する理由が見当たらないという方は、在籍確認のない業者に申し込むしかありません。 そんな金融業者はほとんどないのですが、中には勤務を証明する書類を提出することで、在籍確認の電話の代わりになる業者も存在します。 勤務を証明する書類は業者によって異なりますが以下のような物となります。  

★社会保険証 ★写真入り社員証 ★収入証明書 ★給与明細

詳しくは申し込む業者の公式サイトをご覧ください。 そこには在籍確認の電話を希望しない場合の必要書類が書かれています。 もちろん、書類では不可で在籍確認の電話は必ずある業者が多いということを忘れないでください。

希望限度額はできるだけ低く抑える

ある程度の年収があるからと言って、希望限度額を可能な限り高めに設定してしまうと、審査に時間がかかってしまいます。 即日融資を受けたいのなら、今どれぐらいのお金が必要なのかを考えて、希望限度額はできるだけ低く抑えましょう。 そうすれば審査スピードも速くなり、今日中にお金を借りられる可能性が高くなります。

申込時に間違った情報を書かない

申し込むときには必ず自分の情報を書き込まなければなりませんが、その際には間違いのないように正しく慎重に書きましょう。 情報を誤ってしまうと、業者としてもいちいち確認しなければならないので、どうしても審査に時間がかかってしまいます。 ましてや、虚偽の情報を書き込むのは絶対にいけません。 嘘を書いてしまうと必ずばれますし、信用もされなくなるので審査には落ちてしまいます。 いくら急いでいても、落ち着いて正確に書きましょう。 そして、申込ボタンを押す前に、もう一度確認する心の余裕が必要です。 慌てず急いで正確に。 という事が即日融資を受けるコツと言えるでしょう。

即日融資を受けるための、自動契約機で申し込む順序

即日融資カードローンで今日中にお金を借りるための、より確実な方法を見てみましょう。 今回は、自動契約機での申し込み方法について説明します。 その方がWEB完結よりも、即日融資を受けられる可能性が高くなります。 もちろん、金融業者によって多少の方法は違います。

まずはインターネットから申し込む

可能ならばWEB完結ではなくても、まずはインターネットから申し込んでください。 いきなり自動契約機へ行くよりも落ち着いて自分の情報を書くことができますし、資料を確認しながら正確に書き込むことも可能です。また審査時間も短縮されます。 公式サイトで簡易審査を受けて合格すれば申し込みましょう。

コールセンターに電話する

業者によっては急いでいることをコールセンターに電話して伝えると、審査を優先してくれる場合があります。 少しでも早く融資を受けるために、利用できることは何でも利用しましょう。

必要書類を用意して無人契約機へ行く

審査が完了すると、合否の結果が電話かメールで知らされます。 合格したら善は急げすぐに自動契約機へ行きましょう。 営業時間内に行くのはもちろんですが、時間は早ければ早いほど即日融資を受けやすくなります。 その際に、必要書類は忘れないようにしてください。 せっかく自動契約機へ早く行っても必要書類を忘れて取りに帰っていれば意味がありません。

必要書類を提出して契約完了

自動契約機では必要書類を提出して契約を行います。 契約方法は業者によって異なりますので指示に従ってください。 契約が完了すると、カードを受け取ります。 カードを受け取ったら、ATMでの借り入れが可能になります。

WEB完結による、即日融資カードローンの申し込み方法は?

どうしても口座振込を行わなければならない場合もあります。 そのときはWEB完結による申し込みをしましょう。 こちらの場合も、業者によって申込方法は異なりますが、一般的な方法を記してみます。

遅くとも平日の午前中にインターネットで申し込む

利用したい業者の公式サイトから申し込むわけですが、もちろん時間が早ければ即日融資してくれる可能性が高くなるのは言うまでもありません。 インターネットからの申し込みの場合は24時間365日受け付けていますので、できるだけ早い時間に申し込んでください遅くとも平日の午前中には申し込みましょう。 午後になると、銀行の営業時間は平日の15時までですので、審査が長引けば即日融資を受けられなくなる可能性があります。 申し込む際には、必要書類を準備しておいてください。 また、自分が勤める職場が休業中でなければ、在籍確認もスムーズに行われます。

コールセンターに電話する

自動契約機で申し込む場合と同じくコールセンターに電話すると審査を優先してくれる業者があります。 公式サイトに「お急ぎの方はこちらのコールセンターにお電話ください」と書かれていれば、遠慮なく電話してください。

必要書類を提出する

申し込んだ後は必要書類を提出します。 提出方法は業者によって違いますが、一例をご紹介しましょう。 まずはURLが書かれたメールが届きます。 そのURLにアクセスして、必要書類を写真に撮ってアップロードします。 これで必要書類の提出は完了します。

審査に合格すれば、WEB上で契約を行う

しばらくすれば審査結果が出ます。メールが送られて来て、合格ならば契約手続きのURLがリンクされているので、そのページにアクセスしてください。 そのページで必要事項を記入して、契約は完了です。

口座に希望金額が振り込まれる

契約が完了すると銀行の営業時間内ならば借り入れが可能となります。 会員ページから借り入れの申し込みをしてください。希望金額が口座に振り込まれます。

闇金融からは絶対に借り入れしない!

街中ではいつでも即日融資OKと書かれたビラをよく見掛けます。 また、知らないアドレスからのメールで、審査なしでブラックの人でも必ず即日融資しますという文言が書かれている場合もあるでしょう。 どうしても今日中にお金が必要な場合、絶対に即日融資をしてくれる金融業者があれば有り難いのですが、そのような業者からお金を借りても大丈夫なのでしょうか。

絶対に即日融資可能、という金融業者はない

結論から言えば絶対に即日融資可能とか、審査なしでお金を貸してくれる金融業者は存在しません。 そういう文言を見れば間違いなく闇金業者と思ってください。 何度も言うように貸金業として登録された金融業者は即日融資が最短で可能というだけで、絶対に今日中にお金を貸してくれるわけではありません。 また審査も必ずあります。 いくら今日中にお金が必要と言っても闇金融からは絶対にお金を借りてはいけません。

即日融資という文言に騙されると一生を棒に振る

どうしてもすぐにお金が必要で、背に腹は代えられないとばかりに闇金融を利用してしまうと、とんでもない仕打ちを受けます。 金利は法律で年利20パーセントまでと決まっているのに、闇金業者では年利数千パーセントという法外な金利を取ります。 借金は雪だるま式に増え、返済できなければ暴力的な取り立てが待っており、周囲にも迷惑を掛けて社会生活が破綻してしまいます。 自分のためにも、家族や大切な人たちのためにも、闇金融からお金を借りるのは絶対にやめましょう。 即日融資カードローンでも必ず今日中にお金を工面できるわけではありません。 しかし即日融資が可能になるように、できる限りの努力をしてください。 条件によっては即日融資の可能性が高まります。 即日融資を受けるためには、準備万端整えて、できるだけ早く即日融資カードローンに申し込みましょう。 そうすれば、今日中にお金を借りられる道が開けてきます。